フィナステリドで還元酵素を抑制することでDHTの増加を予防

フィナステリドはAGAの改善に期待ができる画期的な成分です。脱毛の予防及び回復効果が認められている成分であり、以前では回復が難しいとされていたAGAも改善できる可能性があります。

しかしながらフィナステリドを用いても確実に改善へと繋がらないことがあるのですが、その理由の一つが薄毛になった原因です。

そもそもフィナステリドはどのようにしてAGAに効くのかと言えば、還元酵素を抑制してくれるのが理由です。還元酵素の5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合するとAGAの原因になっている脱毛物質DHTが誕生するのですが、フィナステリドで還元酵素を抑制することでDHTの増加を予防することができます。それによって脱毛を予防したり発毛を促すことができるのが効果が出るメカニズムです。

ところがフィナステリドは万能ではありません。実は還元酵素の5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在するのですが、フィナステリドにはⅡ型しか抑制する力がありません。Ⅰ型が原因になっている場合ですとフィナステリドは効果がありませんので結果的に薄毛の改善にはならないのです。

しかしながらⅠ型が原因でAGAになっている場合でも改善する手立てがないわけではありません。AGAに対して有効な治療薬としてはその他にもアボダートと呼ばれる薬もあります。この薬はデュタステリドという成分を配合しているのですが、5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型を同時に抑制することができるという特徴を持っています。つまりフィナステリドよりもさらに高い効果がある治療薬であり、フィナステリドでは回復ができなった場合でもアボダートを利用することによって回復ができる可能性があるのです。

ただ、アボダートは日本国内ではまだ手に入れ難いという実情があります。取り扱いのある病院が少ない為にフィナステリドのように簡単に手に入れることはできないのです。ですから病院でAGA治療を受ける場合はフィナステリドがメインになってしまうことが殆どです。

しかしながらインターネット通販を利用すれば入手することも可能です。インターネット通販といっても薬の購入ですので一般的な通販サイトでは扱っておらず個人輸入というかたちになりますが、輸入をする方法ですと簡単に入手することができます。ただしアボダートは医薬品でありフィナステリド同様に副作用もありますので、医師に相談の上で検討した方が良いでしょう。

女性も早めの抜け毛対策をした方が良い理由

抜け毛対策というと、男性のものだと思っていませんか?有名な育毛シャンプーなどの育毛グッズは、大半が男性をターゲットにしたものですから、そう思うのも無理もありません。

しかし、実際は女性だって抜け毛、薄毛で悩んでいる方が多いのです。加齢に伴い抜け毛に悩む方が多いですが、中には若いうちから薄くなってしまう方もいらっしゃいます。ここで大切なことは、早めの抜け毛対策です。

一般的に、女性の方が抜け毛は少ないとされています。女性ホルモンの影響です。しかし、加齢により閉経する頃から、女性ホルモンが減少してしまいます。そうすると毛髪の成長期が短くなってしまい、結果的に休止期が長くなってしまいます。

これが薄毛の原因のひとつです。また閉経前でもホルモンバランスが崩れた場合は、抜け毛になりやすくなります。女性ホルモンの減少による抜け毛の場合、どんな対策が有効でしょうか?それは、イソフラボンを摂ることです。

イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをします。実際、薄毛で悩んでいた女性が大豆製品をとり、抜け毛が落ち着いたという事例もあります。加齢にともなって抜け毛が増えた方や、食生活が乱れ気味でホルモンバランスが崩れているなど心当たりのある方は、イソフラボン摂取を試してみてはいかがでしょうか。

また最近抜け毛に悩む女性が増えている原因として、カラーリングやパーマなどが普及したということがあります。流行に合わせて、髪の色を変えたりパーマをあてたりするのは、若い女性の間ではもはや常識です。

しかし、この薬液の中には刺激がきつく、頭皮を痛めてしまうものがあります。特にカラーリングは頻繁に行う必要があるため、頭皮を痛めがちです。抜け毛が増えて来たなと感じたら、一度それらを止めることをおすすめします。

健康な頭皮に戻してください。もしもどうしてもカラーリングやパーマを行わなければいけないのなら、美容師に相談してみてください。刺激の少ないタイプの薬液を使ってくれる場合もあります。

ツルッパゲとふさふさな人の差

男が生きていてほとんどの方が通る物、それは薄毛です。すごい人なら30代でツルッパゲの人もいますね。しかし、70代を超えてもふさふさな方もいます。この差は一体なんなのでしょうか。

実は、とある物質が関係しているのです。その名は、5αリダクターゼ。いちいちこの名前を呼ぶのはめんどくさいのでハゲ物質とでも呼びましょうか。

このハゲ物質は頭髪やひげに存在する1型とひげと前頭部に存在する2型の2種類あり、男性ホルモンをDHTと呼ばれる物質に変換することができます。

しかし、両方がハゲに関係しているというわけではなく、ハゲの原因となる真のハゲ物質は2型の方なのです。
頭がハゲていない方はハゲている方と比べ、この2型ハゲ物質の数が少ないという事が研究結果で明らかになっています。

しかし、ハゲる理由を100%わかっている物はありません。

男性ホルモンが原因だとか、生活習慣とか様々な要因が関係あると言われています。考えてみてください。

もし、頭がハゲる理由が100%わかっていれば、世界中のお金持ちや政治家達は髪の毛がふさふさですよね。しかし、ツルッパゲの方もいます。現実は非常なのです。そこで、将来ハゲないように若いうちからできる予防法について話していきましょう。え?いまハゲてるって?育毛剤でも買ってください。

まずは頭がハゲてしまう原因について知ることが第一歩なのです。何事も原因を知っていればいくらでも対処できます。誰でも知ってると思いますが、頭が蒸れてしまうとハゲてしまいます。それはなぜか、不潔になるからです。

頭が不潔になってしまうと勿論、髪の毛にも良くありません。帽子をずっとかぶったりヘルメットをかぶったり、カツラをかぶったりすると誰でもハゲてしまいます。次に、PCやゲームを長時間プレイする人も気を付けてください。目が疲れたりキーボードを打って肩が凝ると頭に血液が届きにくくなり、結果的に髪の毛に栄養が行かなくなってしまいハゲてしまいます。また、頭を整える整髪料。あれもハゲの原因となってしまいます。

頭皮という物はデリケートなのです。シャンプーのすすぎ残しで炎症を起こしたりしていまうので、整髪料をきちんと落としきれていないと炎症を起こしてしまうのです。なので、将来ハゲたくないのならつけないようにするかしっかりと洗い流してくださいね。

どうでしたか?頭皮は一生ものですから、上で書いた事はなるべく避けるようにしましょう。

また、パーマ、髪を染めるといった頭皮を痛めてしまうようなこともハゲの原因となってしまうので気を付けてくださいね。