薄毛の最大の原因となるストレスとの付き合い方

年を重ねて気になる老化現象の一つに薄毛があります。

特に男性の多くは、中年になると薄毛に悩まされる事が多くなります。薄毛の原因となるものは、老化のほかにも数多くありますが、根本的な要因として血行不良が挙げられます。血行が悪くなると細胞の活性化が阻害され、髪の育成が上手くいかないということは何となく想像できるかと思います。その血行不良を起こす原因をさらに追究してみましょう。

頭皮の血行不良の大きな原因の一つに、ストレスが挙げられます。ストレスはその他多くの弊害を起こしますが、頭皮に対しても例外ではありません。多くのストレスを受けると、自律神経の交感神経が乱れます。この交感神経は、主に興奮をしている状態であり、臨戦態勢とも言われます。

そのため、本来頭皮に行き届くはずの栄養などが上手くいきわたらず、髪の元気がなくなるというメカニズムです。自律神経は、薄毛と深い関わりがあり、この自律神経の乱れによって寝つきが悪くなってしまったり、食生活に変化をおよぼすなど、肉体的にも症状が現れます。その症状は、さらに自律神経を悪化させるという悪循環を起こしてしまうので注意が必要です。

さらに自律神経が乱れると体内の免疫細胞が誤作動を起こしてしまい、髪の毛の重要な細胞に攻撃をしてしまい、脱毛が進むのです。免疫力が低下した場合には、特に円形脱毛症など短期間で抜け毛が進んでしまうため、さらに精神的にまいってしまう事も多いです。

そのストレスによって薄毛が進むのであれば、ストレスをいかに溜めず生活をすることが大切になります。

ストレスを上手に発散することは、自律神経を整えることにつながります。自律神経を整えるには、日の光に当たる事、自律神経を整える食物を積極的に摂る事、運動をして体のリズムを整えるという当たり前のことです。この当たり前のことが、日常の忙しさによってできていないことが多いのです。薄毛を感じ始めたら「老化」という事だけで片付けず、ストレスが溜まっているサインとも考えられますので、早めの対策をしましょう。

育毛剤は女性用と男性用で効果が違う

髪の毛が薄くなってきたと感じる方も多いはずです。

男性の薄毛はよく耳にする方もいらっしゃるはずですが、女性も薄毛でお悩みになっているケースも多く、やはり何かしら対策は必要になります。女性と男性では薄毛になる原因が大きく違うため、育毛剤を使用する場合には、きちんと女性用と男性用と分けて使用せねばなりません。

女性の場合、産後に髪の毛が一時的に抜けるケースも多々あり、女性ホルモンが大きく関わっています。抜け毛の原因をしっかり理解しておくことで、対処方法は大きく違ってきます。またストレスなどで円毛脱毛症などできるケースもあるため、そういった場合は、きちんと原因を追求し病院へ行って診察を受けるべきです。

正しい対応の仕方を行うことが、抜け毛対策の一歩へとつながっていきます。育毛剤も種類が多々ありますが、刺激があるものは頭皮を傷めることになるため避けた方が良いです。育毛剤を効果的に使用するには、頭皮マッサージを行うことで血流が良くなり、抜け毛防止策へとつながります。

育毛剤は刺激がなく、天然成分配合で頭皮に優しいものも多いため、朝と晩、1日2回使用することで育毛剤の効果を発揮するようになります。毎日続けることが一番重要になるため、育毛剤は継続的に安心して利用できるような天然成分配合で頭皮に優しいものを使用すべきです。

刺激があるものを継続的に使うと頭皮トラブルの原因になるため、早めに対処すべきです。やはり抜け毛は健康的な頭皮であることは、なにより重要になるため頭皮マッサージを行って血流を良くすることで髪の毛も健やかに成長していきます。

また加齢に伴い、女性はホルモンバランスの崩れによって抜け毛が増えるケースもあります。そういう場合には、やはり規則正しい生活を送りながら育毛剤を使用するなど、ケアを行っていくことで頭皮の状態も徐々に変化してきますし、1週間ほどで抜け毛が減ってきたな?と実感できるようになります。

フィナステリドで還元酵素を抑制することでDHTの増加を予防

フィナステリドはAGAの改善に期待ができる画期的な成分です。脱毛の予防及び回復効果が認められている成分であり、以前では回復が難しいとされていたAGAも改善できる可能性があります。

しかしながらフィナステリドを用いても確実に改善へと繋がらないことがあるのですが、その理由の一つが薄毛になった原因です。

そもそもフィナステリドはどのようにしてAGAに効くのかと言えば、還元酵素を抑制してくれるのが理由です。還元酵素の5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合するとAGAの原因になっている脱毛物質DHTが誕生するのですが、フィナステリドで還元酵素を抑制することでDHTの増加を予防することができます。それによって脱毛を予防したり発毛を促すことができるのが効果が出るメカニズムです。

ところがフィナステリドは万能ではありません。実は還元酵素の5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在するのですが、フィナステリドにはⅡ型しか抑制する力がありません。Ⅰ型が原因になっている場合ですとフィナステリドは効果がありませんので結果的に薄毛の改善にはならないのです。

しかしながらⅠ型が原因でAGAになっている場合でも改善する手立てがないわけではありません。AGAに対して有効な治療薬としてはその他にもアボダートと呼ばれる薬もあります。この薬はデュタステリドという成分を配合しているのですが、5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型を同時に抑制することができるという特徴を持っています。つまりフィナステリドよりもさらに高い効果がある治療薬であり、フィナステリドでは回復ができなった場合でもアボダートを利用することによって回復ができる可能性があるのです。

ただ、アボダートは日本国内ではまだ手に入れ難いという実情があります。取り扱いのある病院が少ない為にフィナステリドのように簡単に手に入れることはできないのです。ですから病院でAGA治療を受ける場合はフィナステリドがメインになってしまうことが殆どです。

しかしながらインターネット通販を利用すれば入手することも可能です。インターネット通販といっても薬の購入ですので一般的な通販サイトでは扱っておらず個人輸入というかたちになりますが、輸入をする方法ですと簡単に入手することができます。ただしアボダートは医薬品でありフィナステリド同様に副作用もありますので、医師に相談の上で検討した方が良いでしょう。

AGA治療の薬、プロぺシアで脱毛の進行をストップ

AGAによる脱毛を治療するために使用される薬の一つに、プロペシアがあります。この薬の果たす役割は脱毛の進行をストップさせることです。

そもそもAGAは男性ホルモンに含まれるテストステロンが5α-リダクターゼという還元酵素によってジヒドロテストステロンという成分に変化することで生じます。ジヒドロテストステロンは髪の毛を作るために必要な栄養素を運ぶ血管を細くし、これが原因で脱毛が生じてしまいます。これがAGAと呼ばれる脱毛の流れです。

そしてこのジヒドロテストステロンの生成を妨げる働きを有しているのがプロペシアです。つまり脱毛を引き起こしている原因に働きかけ、AGAを改善するのがこの薬の役割なのです。

そしてプロペシアの脱毛抑制効果は非常に高いことが証明されています。また主な作用は脱毛をストップさせることですが、使用し続けることで発毛が促されることも実証されています。またプロペシアは髪の毛の質を向上させる効果を有していることも実証されており、ただ脱毛が改善されるだけではなく、丈夫な髪の毛を持つことがでるのです。

しかし注意するべきこともあります。まずプロペシアはAGAに対して効果を発揮するものです。そのため皮脂の過剰分泌や乾燥など、ジヒドロテストステロン以外のものが原因で生じている薄毛に対しては効果を発揮しません。

そのため使用を考慮するに当たり、自分の脱毛の原因をまずはチェックすることから始めるべきです。またプロペシアは使用し続けることで効果を発揮するものです。そのため必要となるコストについても考える必要があります。基本的にはプロペシアは保険適用外ですので、決して安い薬ではありません。

また使用に関してはいくつかの副作用も報告されています。

そのためどのような副作用があるのか、それらが生じた場合にどのように対処するべきかなどもあらかじめチェックし、対策を練ることが必要となります。いずれにせよ専門家の診察を受けた時点でこうしたことが説明されますので、医師の言葉に注意深く耳を傾けるべきです。

女性も早めの抜け毛対策をした方が良い理由

抜け毛対策というと、男性のものだと思っていませんか?有名な育毛シャンプーなどの育毛グッズは、大半が男性をターゲットにしたものですから、そう思うのも無理もありません。

しかし、実際は女性だって抜け毛、薄毛で悩んでいる方が多いのです。加齢に伴い抜け毛に悩む方が多いですが、中には若いうちから薄くなってしまう方もいらっしゃいます。ここで大切なことは、早めの抜け毛対策です。

一般的に、女性の方が抜け毛は少ないとされています。女性ホルモンの影響です。しかし、加齢により閉経する頃から、女性ホルモンが減少してしまいます。そうすると毛髪の成長期が短くなってしまい、結果的に休止期が長くなってしまいます。

これが薄毛の原因のひとつです。また閉経前でもホルモンバランスが崩れた場合は、抜け毛になりやすくなります。女性ホルモンの減少による抜け毛の場合、どんな対策が有効でしょうか?それは、イソフラボンを摂ることです。

イソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをします。実際、薄毛で悩んでいた女性が大豆製品をとり、抜け毛が落ち着いたという事例もあります。加齢にともなって抜け毛が増えた方や、食生活が乱れ気味でホルモンバランスが崩れているなど心当たりのある方は、イソフラボン摂取を試してみてはいかがでしょうか。

また最近抜け毛に悩む女性が増えている原因として、カラーリングやパーマなどが普及したということがあります。流行に合わせて、髪の色を変えたりパーマをあてたりするのは、若い女性の間ではもはや常識です。

しかし、この薬液の中には刺激がきつく、頭皮を痛めてしまうものがあります。特にカラーリングは頻繁に行う必要があるため、頭皮を痛めがちです。抜け毛が増えて来たなと感じたら、一度それらを止めることをおすすめします。

健康な頭皮に戻してください。もしもどうしてもカラーリングやパーマを行わなければいけないのなら、美容師に相談してみてください。刺激の少ないタイプの薬液を使ってくれる場合もあります。

ツルッパゲとふさふさな人の差

男が生きていてほとんどの方が通る物、それは薄毛です。すごい人なら30代でツルッパゲの人もいますね。しかし、70代を超えてもふさふさな方もいます。この差は一体なんなのでしょうか。

実は、とある物質が関係しているのです。その名は、5αリダクターゼ。いちいちこの名前を呼ぶのはめんどくさいのでハゲ物質とでも呼びましょうか。

このハゲ物質は頭髪やひげに存在する1型とひげと前頭部に存在する2型の2種類あり、男性ホルモンをDHTと呼ばれる物質に変換することができます。

しかし、両方がハゲに関係しているというわけではなく、ハゲの原因となる真のハゲ物質は2型の方なのです。
頭がハゲていない方はハゲている方と比べ、この2型ハゲ物質の数が少ないという事が研究結果で明らかになっています。

しかし、ハゲる理由を100%わかっている物はありません。

男性ホルモンが原因だとか、生活習慣とか様々な要因が関係あると言われています。考えてみてください。

もし、頭がハゲる理由が100%わかっていれば、世界中のお金持ちや政治家達は髪の毛がふさふさですよね。しかし、ツルッパゲの方もいます。現実は非常なのです。そこで、将来ハゲないように若いうちからできる予防法について話していきましょう。え?いまハゲてるって?育毛剤でも買ってください。

まずは頭がハゲてしまう原因について知ることが第一歩なのです。何事も原因を知っていればいくらでも対処できます。誰でも知ってると思いますが、頭が蒸れてしまうとハゲてしまいます。それはなぜか、不潔になるからです。

頭が不潔になってしまうと勿論、髪の毛にも良くありません。帽子をずっとかぶったりヘルメットをかぶったり、カツラをかぶったりすると誰でもハゲてしまいます。次に、PCやゲームを長時間プレイする人も気を付けてください。目が疲れたりキーボードを打って肩が凝ると頭に血液が届きにくくなり、結果的に髪の毛に栄養が行かなくなってしまいハゲてしまいます。また、頭を整える整髪料。あれもハゲの原因となってしまいます。

頭皮という物はデリケートなのです。シャンプーのすすぎ残しで炎症を起こしたりしていまうので、整髪料をきちんと落としきれていないと炎症を起こしてしまうのです。なので、将来ハゲたくないのならつけないようにするかしっかりと洗い流してくださいね。

どうでしたか?頭皮は一生ものですから、上で書いた事はなるべく避けるようにしましょう。

また、パーマ、髪を染めるといった頭皮を痛めてしまうようなこともハゲの原因となってしまうので気を付けてくださいね。

髪はケラチンというタンパク質の一種でできている

健康のためやダイエットのために、肉や乳製品を控えていませんか。たしかに、肉や乳製品はカロリーが高く飽和脂肪酸が多いので、摂りすぎると動脈硬化や脳梗塞などのリスクを高めます。しかし、控えすぎるとタンパク質が不足して抜け毛を増やします。

髪はケラチンというタンパク質の一種でできています。タンパク質がないと髪を作ることができないので、肉などを控えすぎると抜け毛が増えて髪が育ちにくくなるのです。髪の原料になるタンパク質が不足していては、いくら育毛剤を使っても効果が表れにくくなります。育毛剤を使用しても効果を実感できないのときは、タンパク質が不足していないか見直してみましょう。

タンパク質が多いとはいっても、肉と乳製品の食べ過ぎには注意が必要です。飽和脂肪酸を過剰に摂取すると、皮脂分泌が活発になります。皮脂が毛穴に詰まると抜け毛が増え、過剰な皮脂で頭皮環境が悪化して髪が育ちにくくなったり、フケやかゆみのトラブルがでるようになります。

タンパク質は魚、卵、大豆などにも多く含まれています。魚には良質な油のDHAとEPAが含まれているのでおすすめです。DHAとEPAは血液をサラサラにし、血流がよくなることで髪に必要な栄養が届きやすくなります。良質な油はツヤツヤな髪を作ります。大豆には女性ホルモン様物質のイソフラボンが含まれており、男性ホルモンが原因のAGAや女性ホルモンの減少が原因の抜毛や薄毛によいです。納豆、豆腐、ゆば、味噌、豆乳などさまざまな大豆製品があります。

ダイエット中の方はタンパク質が不足しがちなので意識して摂りましょう。1日3食毎回タンパク質が多い食品を食べるようにします。1回あたりの目安量は手のひら一枚分です。人間には体内で作ることができない必須アミノ酸が9種類あり、すべてそろわないと上手く利用できません。食品によって含有しているアミノ酸の種類や消化吸収率が違うので、朝は卵、昼は大豆、夜は魚といったように、毎回違う食品からタンパク質を摂るようにしましょう。