ツルッパゲとふさふさな人の差

男が生きていてほとんどの方が通る物、それは薄毛です。すごい人なら30代でツルッパゲの人もいますね。しかし、70代を超えてもふさふさな方もいます。この差は一体なんなのでしょうか。

実は、とある物質が関係しているのです。その名は、5αリダクターゼ。いちいちこの名前を呼ぶのはめんどくさいのでハゲ物質とでも呼びましょうか。

このハゲ物質は頭髪やひげに存在する1型とひげと前頭部に存在する2型の2種類あり、男性ホルモンをDHTと呼ばれる物質に変換することができます。

しかし、両方がハゲに関係しているというわけではなく、ハゲの原因となる真のハゲ物質は2型の方なのです。
頭がハゲていない方はハゲている方と比べ、この2型ハゲ物質の数が少ないという事が研究結果で明らかになっています。

しかし、ハゲる理由を100%わかっている物はありません。

男性ホルモンが原因だとか、生活習慣とか様々な要因が関係あると言われています。考えてみてください。

もし、頭がハゲる理由が100%わかっていれば、世界中のお金持ちや政治家達は髪の毛がふさふさですよね。しかし、ツルッパゲの方もいます。現実は非常なのです。そこで、将来ハゲないように若いうちからできる予防法について話していきましょう。え?いまハゲてるって?育毛剤でも買ってください。

まずは頭がハゲてしまう原因について知ることが第一歩なのです。何事も原因を知っていればいくらでも対処できます。誰でも知ってると思いますが、頭が蒸れてしまうとハゲてしまいます。それはなぜか、不潔になるからです。

頭が不潔になってしまうと勿論、髪の毛にも良くありません。帽子をずっとかぶったりヘルメットをかぶったり、カツラをかぶったりすると誰でもハゲてしまいます。次に、PCやゲームを長時間プレイする人も気を付けてください。目が疲れたりキーボードを打って肩が凝ると頭に血液が届きにくくなり、結果的に髪の毛に栄養が行かなくなってしまいハゲてしまいます。また、頭を整える整髪料。あれもハゲの原因となってしまいます。

頭皮という物はデリケートなのです。シャンプーのすすぎ残しで炎症を起こしたりしていまうので、整髪料をきちんと落としきれていないと炎症を起こしてしまうのです。なので、将来ハゲたくないのならつけないようにするかしっかりと洗い流してくださいね。

どうでしたか?頭皮は一生ものですから、上で書いた事はなるべく避けるようにしましょう。

また、パーマ、髪を染めるといった頭皮を痛めてしまうようなこともハゲの原因となってしまうので気を付けてくださいね。