AGA治療の薬、プロぺシアで脱毛の進行をストップ

AGAによる脱毛を治療するために使用される薬の一つに、プロペシアがあります。この薬の果たす役割は脱毛の進行をストップさせることです。

そもそもAGAは男性ホルモンに含まれるテストステロンが5α-リダクターゼという還元酵素によってジヒドロテストステロンという成分に変化することで生じます。ジヒドロテストステロンは髪の毛を作るために必要な栄養素を運ぶ血管を細くし、これが原因で脱毛が生じてしまいます。これがAGAと呼ばれる脱毛の流れです。

そしてこのジヒドロテストステロンの生成を妨げる働きを有しているのがプロペシアです。つまり脱毛を引き起こしている原因に働きかけ、AGAを改善するのがこの薬の役割なのです。

そしてプロペシアの脱毛抑制効果は非常に高いことが証明されています。また主な作用は脱毛をストップさせることですが、使用し続けることで発毛が促されることも実証されています。またプロペシアは髪の毛の質を向上させる効果を有していることも実証されており、ただ脱毛が改善されるだけではなく、丈夫な髪の毛を持つことがでるのです。

しかし注意するべきこともあります。まずプロペシアはAGAに対して効果を発揮するものです。そのため皮脂の過剰分泌や乾燥など、ジヒドロテストステロン以外のものが原因で生じている薄毛に対しては効果を発揮しません。

そのため使用を考慮するに当たり、自分の脱毛の原因をまずはチェックすることから始めるべきです。またプロペシアは使用し続けることで効果を発揮するものです。そのため必要となるコストについても考える必要があります。基本的にはプロペシアは保険適用外ですので、決して安い薬ではありません。

また使用に関してはいくつかの副作用も報告されています。

そのためどのような副作用があるのか、それらが生じた場合にどのように対処するべきかなどもあらかじめチェックし、対策を練ることが必要となります。いずれにせよ専門家の診察を受けた時点でこうしたことが説明されますので、医師の言葉に注意深く耳を傾けるべきです。