フィナステリドで還元酵素を抑制することでDHTの増加を予防

フィナステリドはAGAの改善に期待ができる画期的な成分です。脱毛の予防及び回復効果が認められている成分であり、以前では回復が難しいとされていたAGAも改善できる可能性があります。

しかしながらフィナステリドを用いても確実に改善へと繋がらないことがあるのですが、その理由の一つが薄毛になった原因です。

そもそもフィナステリドはどのようにしてAGAに効くのかと言えば、還元酵素を抑制してくれるのが理由です。還元酵素の5αリダクターゼと男性ホルモンのテストステロンが結合するとAGAの原因になっている脱毛物質DHTが誕生するのですが、フィナステリドで還元酵素を抑制することでDHTの増加を予防することができます。それによって脱毛を予防したり発毛を促すことができるのが効果が出るメカニズムです。

ところがフィナステリドは万能ではありません。実は還元酵素の5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在するのですが、フィナステリドにはⅡ型しか抑制する力がありません。Ⅰ型が原因になっている場合ですとフィナステリドは効果がありませんので結果的に薄毛の改善にはならないのです。

しかしながらⅠ型が原因でAGAになっている場合でも改善する手立てがないわけではありません。AGAに対して有効な治療薬としてはその他にもアボダートと呼ばれる薬もあります。この薬はデュタステリドという成分を配合しているのですが、5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型を同時に抑制することができるという特徴を持っています。つまりフィナステリドよりもさらに高い効果がある治療薬であり、フィナステリドでは回復ができなった場合でもアボダートを利用することによって回復ができる可能性があるのです。

ただ、アボダートは日本国内ではまだ手に入れ難いという実情があります。取り扱いのある病院が少ない為にフィナステリドのように簡単に手に入れることはできないのです。ですから病院でAGA治療を受ける場合はフィナステリドがメインになってしまうことが殆どです。

しかしながらインターネット通販を利用すれば入手することも可能です。インターネット通販といっても薬の購入ですので一般的な通販サイトでは扱っておらず個人輸入というかたちになりますが、輸入をする方法ですと簡単に入手することができます。ただしアボダートは医薬品でありフィナステリド同様に副作用もありますので、医師に相談の上で検討した方が良いでしょう。